事故などで歯が抜けてしまった場合

まつばら歯科口腔外科こども歯科、口腔外科担当の松原良太です。
患者さんからのお問い合わせが多かった内容について、ホームページでもご紹介させていただきます。

今回は、怪我や事故などで歯が抜けてしまった場合についてです。


口腔外科医:松原良太

抜けてしまった歯は、保存状態が良いと、再び元の位置に戻すことができます。
抜けたからといって捨てたりせずに、抜けてしまった歯を持って、すぐに口腔外科にご相談ください。

この際に、気をつけていただきたいのは、抜けた歯を水道水で絶対に洗わないことです。
歯が抜けて地面に落ちてしまうと、土や砂で汚れてしまいます。
皆さん、気を遣っていただいて、歯を洗って来院されることが多いのですが、水道水で洗ってしまうと、歯の根の表面にある大事な細胞が死んでしまいます。
この細胞が死んでしまうと、歯を元に戻せる可能性が非常に低くなります。
洗わずに、そのままお持ちくださいますよう、よろしくお願い致します。

なお、歯の根の表面にある細胞は非常に乾燥に弱いため、歯をお持ちになる際は、牛乳または生理食塩水に入れて持ってきていただけると、歯を残せる可能性が高くなります。
牛乳をご用意できない場合は、歯が抜けた元の穴にそのまま戻してもらってもかまいません。
元の位置に戻すと痛みがある場合は、抜けた歯を口の中に入れてご来院ください。

受傷後は、なるべく早くにご来院くださいますよう、よろしくお願い致します。
当院では歯を元に戻せるよう最善の治療を行いたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。