小児歯科(こども歯科)の治療について

小児歯科(こども歯科)とは

小児歯科とは、小さなお子さんを対象とした専門の歯科治療です。
0歳児から高校生くらいまでが小児歯科の治療にあたります。

小児歯科ってどんなとこ?

子どもたちのための歯医者さんです。
医科の小児科と同じように、子どもさんを専門にまたは中心に予防や保健指導、治療をしています。
専門の知識と技術を持ったスタッフと設備で対応していますから安心です。
乳歯も永久歯も虫歯の治療に特に違いはありません。
穴が開くようなむし歯は削って金属やプラスチックで詰めるのが基本です。
もっと深いむし歯や痛んだ歯は神経を取るような処置をして金属冠をかぶせたりします。
いずれの処置も麻酔をして治療されることが多く、時間もかかりますので子どもさんにとっては嫌なものです。
乳歯はどうせ生えかわるものというのはまちがいです。
お子さんの正常な成長発育には欠かせないものです。
きれいな乳歯はきれいな永久歯や正常な歯ならび・かみ合わせへの第一歩です。
治療と同時により予防もさらに大切です。

小児歯科(こども歯科)担当医

松原 麗の写真

まつばら 松原

れい

LinkedInアイコン
専門分野
小児歯科(こども歯科)
障害者歯科
ごあいさつ
お子様には楽しい時間と治療を、保護者の方にはわかりやすい説明と正しい予防法を提供いたします。

このような症状でお悩みの方へ

次のような悩みをお持ちの方は、是非一度当クリニックまでご相談ください。

小児歯科の料金(保険適用外の場合)

小児歯科治療の料金については「小児歯科治療|料金」をご覧ください。

小児歯科(こども歯科)の関連ページ