玉名で口内炎でお困りの皆さまへ

まつばら歯科口腔外科こども歯科、口腔外科担当の松原良太です。
患者さんからお問い合わせが多かった内容について、ホームページでもご紹介させていただこうと思います。

今回は口内炎についてです。

先日、患者さんから「口内炎になったのですが、口内炎になったくらいで歯医者にかかってもいいんでしょうか?」とお問い合わせがありました。

全く問題ありません。
口内炎でお困りの場合もお気軽にお越しください。

口内炎になると痛いし、ご飯は食べづらし、本当に大変だと思います。
早く治療して、苦しい期間を短くしましょう。

口内炎で受診された方へは、ステロイド軟膏(デキサルチン軟膏)を処方して、1~2週間様子を見させていただきます。
口内炎の状態によってはレーザーを使って治療をする場合もあります。
症状に合わせて適切に処置いたしますので、ご安心ください。

また、口内炎と同じような症状で、実は悪性腫瘍だった、という場合があります。
そのような場合でも、当院では適切に診断し、連携している大学病院や医療機関にご紹介できるシステムを取っております。

今はインターネットでも「治らない口内炎=悪性腫瘍」のように書いているところもあり、ご不安かと思います。
当院では口腔外科専門医がしっかりと検査し、診断いたします。
ただの口内炎であればご安心いただけますし、悪性腫瘍であれば早期に適切な対応を取らせていただくことができます。

「口内炎が痛い」
「口内炎が治らない」
「がんかも…」

玉名近郊で口内炎でお困りの皆さま、是非一度まつばら歯科口腔外科こども歯科へお越しください。